ブログ

ミラーの温め方

撮影中に呼気で曇らないよう、ミラーを温める方法をご紹介します。

■お湯で温める

一番簡単なのは、約50度のお湯に1分ほど漬けることです。

約50度のお湯というのは、触ると熱いが触っていられる程度の温度です。
沸騰したお湯に同量の水(10~18℃)を混ぜると、大体50℃~55℃のお湯ができます。 ※水の温度は地域や季節によって変わるので、混ぜる水の量を調節してください。

ウルトラブライトミラーはガラス製ですので、ステンレス製ミラーと比べて熱伝導率が低く、冷めにくいという性質があります。
その為、少しだけお湯につけるという面倒はありますが、より撮影時間を長く取れるというメリットもあります。

■保温庫を使う
少し大きくはなりますが、「保温庫」という製品が流通しています。

もともと赤ちゃん用の哺乳瓶を保温しておくための器械なんだそうですが、 いちいちお湯を沸かさなくてもいいし、お湯が溢れる等の心配もなくなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    SUB MENU









    ページ上部へ戻る